ランキング

不動産関係の資格試験である「宅建」の問題集と参考書の人気ランキングです。今最も売れている宅建問題集をランキング形式で紹介しています。又、過去問題集(過去問)・予想問題集のランキングも掲載。権利関係・宅建業法・法令上の制限・税金関係の出題必須4分野については分野別の人気ランキングも合わせて紹介しています。紹介している宅建本はリンク先のAmazon.co.jpでご購入頂くと送料無料となります。

[総合ランキング]
宅建 問題集

[内容別ランキング]
宅建 過去問ランキング
宅建 予想問題集ランキング

[ジャンル別ランキング]
宅建 権利関係
宅建業法
法令上の制限
税金関係

宅建 問題集

宅建の問題集は「基本書」・「要点整理集」・「過去問題集と予想問題集」などに分ける事ができます。一般的には「基本書」→「問題集」→「要点整理集」→「過去問」→「予想問題集」という順番にこなされる方が多いようです。「基本書」の前にマンガなどの「入門書」で概略を掴まれる方もいらっしゃいます。

宅建の出題範囲ごとの問題集も多く出ています。ちなみに宅建の出題範囲は「宅地建物取引業法施行規則第8条」で決まっており、
・土地建物
・権利関係
・法令上の制限
・税
・需給関係と取引の実務
・鑑定関係
・宅建業法
となっています。
出題数から「権利関係」「法令上の制限」「宅建業法」の3つは独立した問題集が多く出版されています。残りのジャンルは「その他」というタイトルになっている場合が多いようです。

資格試験「宅建」

宅地建物取引主任者資格試験(宅建)は、国家資格試験で、不動産関係の資格として最もメジャーな試験です。宅地建物取引業(宅建業)を営むには免許が必要で、免許取得の為には有資格者が必要となります。不動産会社の事務所には5人に1人の割合で宅建資格者を配置する事が宅建業法で決められております。

■資格試験「宅建」とは
宅建は、毎年、約20万人以上が受験する国家資格試験です。合格者は例年15〜17パーセント前後で推移しています。受験資格としての学歴・年齢は不問で、10月の第3日曜に各都道府県の試験会場で実施されます。合格発表は12月第1水曜日(予定)です。受験料は7000円。試験は財団法人不動産適正取引推進機構が都道府県知事の委任を受けて実施します。

■取引主任者になるには
1.宅建の試験に合格
2.登録実務講習を受講(2年以上の実務経験がある場合は不要)
3.法定講習を受講
4.試験を行った都道府県知事から登録申請の許可を貰う
5.取引主任者証の交付を受ける

■取引主任者の独占事務
・重要事項の説明
・重要事項説明書への記名・捺印
・契約成立後に交付すべき書面への記名・捺印

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。